高知のよさこい祭り

南国土佐の情熱が舞うよさこい祭り

よさこい祭りは毎年8月9日(前夜祭)10日、11日(本番2日)、12日(後夜祭・全国大会)の4日間、高知市内9カ 所の競演場・7ヶ所の演舞場で約200チーム、約18,000人の鳴子を持った踊り子が工夫を凝らし、地方車には華やかな飾り付けをして市内を 乱舞する土佐のカーニバルである。この祭りには、全国的な不況の中、戦後の荒廃した市民生活が落ち着きを見せ始めた昭和29年8月に不況を吹き飛ばし、市民の健康と繁栄を祈願し、併せて夏枯れの商店街振興を促すため高知商工会議所が中心となり 発足した。昭和29年の第1回の参加人数は750人参加団体は21団体。その後、第30回にはついに踊り子人数1万人を突破し、"よさこい"は絶えず新しいものを取り入れ、チームの個性化はますます進んだ。伝統的な音楽からロックのバンド演奏が増え、髪型や衣装も派手さを増していった。振り付けもサンバ調、ロック調、古典の踊りと工夫を凝らしており、見物人を飽 きさせない祭りである。

歴史〜よさこい祭りの誕生〜


1950年3月
南国博開催
芸能館においてお座敷踊りから脱皮した「新しいよさこい踊り」を披露
1953年4月13日
入交太兵衛氏 常議員会にて
「商店街に顧客を呼び込むような人が集まってくる何かをしよう」と発言
1954年4月
***会議所と高知市の共催で永続性のあるお祭り
「よさこい祭り」を8月に開催することを決定***
(降水確率の一番低い8月10日、11日に決定)
1954年6月25日
会議所観光部会の濱口八郎氏
作曲家 武政英策氏に歌詞・曲を依頼
1954年7月
よさこい祭振興会発足
1954年7月15日
歌と踊りを発表

1950〜 よさこい踊りから市民の祭りへ


1954年第1回
記念すべき第一回、
踊りは特設の舞台上で。

高知商工会議所の有志が、経済復興の足掛かりになる祭りを企画し、県や市の賛同によって誕生した、よさこい祭り。8月10日午後1時、打ち上げ花火とサイレンが開幕を告げた。21団体750人の踊り子が、高知公園追手門本部競演場や、帯屋町などで、「よさこい鳴子踊り」を披露、また、「合成酒タダ飲み会」や「ハシケン関所破り」なども催された。ここによさこい史の幕は開かれた。

1959年第6回
よさこい鳴子踊りが映画デビュー
ペギー葉山の歌う『南国土佐を後にして』が全国的に大ヒット。土佐ブームに沸きあがる。さらに日活による映画化が決定し、鳴子踊りのシーンも収録される。よさこい祭りは、全国に知られるようになる。また県内唯一の民放テレビ「ラジオ高知テレビ」が実況生中継を開始。初めてのテレビ放映で、踊り子も見物人も大騒ぎ。参加者は、47団体、2500人まで増えた。

1950〜 よさこい踊りから市民の祭りへ


1962年第9回
高知放送テレビが日本各地に放映。
高度経済成長の空気はよさこい祭りの規模に反映。NHKの郷土民謡全国大会に出演。さらに、高知放送テレビが、全国に向け、初の実況中継を放映。市民の祭りから高知県民の祭りとして浸透する。また、国鉄高知駅(JR高知駅)の駅前広場に地区競演場を設けるとともに、追手筋本部競演場の桟敷席の一部を除き無料開放するなど、県外観光客に対するサービスが定着化してきた。

1964年第11回
花火大会を前夜祭に。
これまで、祭り終了後に行われていた花火大会を、前日の9日に移行。県内最大級の花火大会として、よさこい祭りに欠かせないイベントとなる。花火の豪快な始まりの合図に喚起され、本番の鳴子踊りも一層盛り上がりを増した。また個々の踊りの進歩が、目覚ましいため、個人賞のワクを700人に増やす。メダルが競演場にて、その場で本人の首にかけられる方式に変わる。

1950〜 よさこい踊りから市民の祭りへ


1970年第17回
日本の祭り10選に選ばれる。
大阪で行われたアジア初の万博「日本万国博」に参加。「日本の祭り10選」のーつに選ばれての披露となる。「高知の城下へきてみいや」というメッセージを世界に向けてアピールする。

1972年第19回
初の海外遠征、
フランスでよさこい鳴子踊りを披露。

フランスのニースで行われたカーニバルに招待を受ける。よさこいチームは新しく、サンバ調にアレンジされた踊りを披露。このリズム感に共鳴し、参加者数が、飛躍的に伸びていく時代を迎える。しかし7月、土佐山田町繁藤で、山崩れによる大災害が発生。よさこい祭りは、8月29日からの3日間に延期された。

1950〜 よさこい踊りから市民の祭りへ


1983年第30回
よさこい祭り30年、
参加者ついに1万人。

30年を迎え、各チームは、それぞれのコンセプトをもち、個性を競い始める。踊り子の衣装や、地方車が豪華さを増していく中で、帯屋町チームとグッドライフカンパニーの大型トレーラーの地方車が注目の的となる。

1989年第36回
昭和から平成へ、
参加者は1万5千人。

この年は、高知市制施行100周年。よさこい祭りも盛大にと、追手筋本部競演場に予約桟敷席と、新たに仮設トイレを設ける。花火大会では、史上最大の6千発!(4千4百万)。参加者は1万5千人に上る。また、南フランスのマルセイユで行われた「ジャパンウィーク」に踊り子を派遣。サンバのリズムのよさこい節は、喝采を浴びた。

1950〜 よさこい踊りから市民の祭りへ


1991年第38回
会議所創立100周年、
中央公園で前夜祭を開催。

よさこい祭りの「生みの親」である高知商工会議所が創立100周年を迎える。これを記念し、花火大会の9日に前夜祭を開始。よさこい祭りは3日間の熱い祭典となった。初日の10日には、ブラジルのサンバチームを招待。翌11日には阿波踊りチームを招き、祭りに彩りを添えた。

1999年第46回
よさこい全国大会が遂に実現。
平成4年、よさこい祭りに魅せられた北海道の学生が、「YOSAKOIソーラン祭り」を開催。それが、全国に波紋を投げかけ、日本各地で次々とよさこい祭りが催されるようになった。それを受け、ここ本場の高知で、「よさこい全国大会」が開催される。各県代表と、地元の受賞チームを加えた全33チームが、後夜祭で乱舞した。

1950〜 よさこい踊りから市民の祭りへ


2001年第48回
原宿表参道元氣祭
スーパーよさこい開催。

日本のファッション発信地、原宿表参道。文字通り明治神宮の表参道として栄えた街が、神宮の夏の奉納祭としてよさこい祭りを開催。“日本人のアイデンティティーを求めて”というテーマで、よさこいのパワーを通じ日本の元気を世界に発信しようと全国から有名チームが集結した。

2003年第50回
よさこい祭り50回記念、
様々なイベントが行われる。

50回を迎え、様々なイベントが行われた記念大会。半世紀を振り返る記念パレードが電車通りと帯屋町アーケードで行われた。初期踊りの再現から始まったパレードは、子供や地区競演場代表チームと続き転機となった昭和48年頃からの大賞受賞チームが踊りを披露。よさこいの移り変わりを表現した。

2013年第60回 前夜祭

よさこい祭り60回記念、
様々なイベントが行われる。

 60回を迎え、様々なイベントが行われた記念大会。前夜祭の中で記念パレードが帯屋町アーケードで行われるとともに、第1回よさこい祭りの踊りの再現や「みんなでよさこいプロジェクト」による総踊りの曲(この地へ〜)(作詞作曲 GReeeeN・編曲 雑音軒)を披露。よさこいの移り変わりを表現した。